副業にも現金化にもイイ!元古本屋スタッフが教える「せどり」のコツ

「せどり」は副業としてもクレジットカード現金化の方法としても有効な商売です。しかし本を安く仕入れるコツを知らないと、損をしてしまったり、家が「売れ残り」だらけになってしまったりします。

当記事では元古本屋スタッフの私が、せどりのコツをご紹介したいと思います。

うまくすれば儲けられる!?上手なせどりの仕方とは?

せどりとは、本を安く仕入れて高く売る「転売屋」のことです。クレジットカードで購入した本を売れば、それはカードのショッピング枠を現金化したことにもなりますが、通常の現金化と決定的に違うのは、儲けられることもあるということでしょう。

1,000円の本を2,000円で売ることができれば、カード会社に返済を行ってもなお手元に現金が残ります。私が以前勤めていたお店にも、毎日のように本を買っていく、せどりらしきお客様は数名いらっしゃいました。

本の仕入れ先は基本的に古本屋です。ネットだと送料等がかかりますし、価値のある本が安く売られていることはほとんどないため、知識の乏しいスタッフも多い古本屋チェーンを利用するのがベストです。

仕入れた本は通販サイトやオークションサイト、メルカリなどのフリマアプリに出品します。最初は高めに値段をにつけて、その後様子を見つつ、少しずつ値下げをしていきます。以上がせどりの基本です。

本を安く仕入れる方法1 店選び

みなさんは古本屋スタッフが本の買取価格をどのように決めているかご存知でしょうか。基準はいくつかあります。本の種類、状態、原価、話題性、価値、在庫の多少などです。

個人経営の古本屋ですと、本の価値を重視する傾向が強いように思われますが、大手チェーンは作業簡略化のため「一括状態査定」となっていることが多いです。

状態重視のお店では、値付けもその状態に応じて行われます。綺麗だから原価の半額、汚いから100円、200円というふうに。

この場合、本の価値は無視されていますので、ネット上で高値で売買されている本にも100円、200円といった安値がつけられます。このように、状態重視のお店では、価値のある本が安く売られている可能性があるのです。

文庫や漫画本の査定にバーコードの読取機器を使っていないかどうか、観察してください。使っていなければ、どちらかといえば状態重視のお店であると判断してよいでしょう。

本を安く仕入れる方法2 書き込みチェック

状態重視のお店は「状態が悪ければ安く」します。書き込みのある本は言うまでもなく「状態の悪い本」に該当しますので、最安値がつけられる可能性があります。

状態重視のお店では、買取の際に書き込みがあれば、買取を断るのが普通ですが、人間が査定をしているわけですから、100%ブロックすることはできません。

棚に並んでいる本にちょっとした書き込みのあることはザラなのです。それをスタッフに告げれば、その場で割引をしてもらえます。ネットで3,000円で売買されている本が100円で手に入ることも、可能性としてはありますよ。

せどりアプリを使いましょう

せどりをするには各本の価値を知らなければなりません。しかし一冊一冊の本の価値などいちいち覚えていられないでしょう。

ですから、バーコードを読み取るだけでその本の価格相場のわかる、せどりアプリを使いましょう。これは今のせどりには必須アイテムと言っても過言ではありません。

私の勤めていたお店にも休日には朝から晩までずっとピッピピッピとやっておられる方がいらっしゃいました。そして価値ある本の中で書き込みのあるのをごっそり買っていくのです。

まとめ

以上、せどりのコツをご紹介いたしました。

せどりはクレジットカード現金化に良いばかりでなく、儲けられるかもしれないというメリットもあります。

副業として、あるいは現金を手に入れる方法として、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。